美肌 食事

女性らしさと美肌を手に入れるなら大豆イソフラボン

美肌効果を期待できる食事には様々な成分がありますが、その中に大豆イソフラボンがあります。
大豆イソフラボンは名前の通り、大豆食品に含まれていて、女性ホルモンの1つエストロゲンに似た働きをします。
エストロゲンは1ヶ月のリズムの中で分泌量が多い時に、女性らしく若々しい体を作る働きをします。
大豆イソフラボンがエストロゲンと同様に、肌のハリや弾力を保つコラーゲンの生成も促進するのです。
美肌の他に、髪の毛のツヤを出したり、乳がんなどの女性系疾患を予防する効果も期待できます。

若い女性が女性系疾患で悩む時にも役立ちますが、年齢と共に閉経への準備期間である更年期が訪れます。
更年期に起こりやすい独特の不快感を緩和するものとして使用される機会も多いです。

大豆由来食品を摂取すると、次の様な仕組みで効果が発揮されます。
女性ホルモンのエストロゲンと、大豆イソフラボン配糖体は、形状がよく似ています。
そのため、エストロゲン受容体は、エストロゲンを感知した時と同じように大豆イソフラボン配糖体にも反応してキャッチします。
仮にエストロゲンが分泌されにくい体調でも、大豆食品やサプリメントで大豆イソフラボン摂取をすると、不足分を補うことが出来ます。

大豆イソフラボンを食品から取るのは問題ありませんが、サプリメントを使用する時には注意が必要です。
どの様な栄養成分にも上限摂取目安が設定されています。
大豆イソフラボンでは、1日に70〜75mgまでとしています。
この70〜75mgの中には、特定保健用食品を使用して摂っても構わない「一日上乗せ摂取量」の30mgを含めて設定されています。
ここで「○mg」としているのは、大豆イソフラボンアグリコンに換算した量です。
日本人は、良いとされる成分を過剰に摂取する傾向があります。
そのため食品安全委員会では、大豆イソフラボンの過剰摂取で健康被害が起こらない様に、特定保健用食品で使用しても良い範囲を決めたのです。

食品成分として毎日のメニューに取り入れるのなら、健康被害のリスクは軽減されます。
大豆イソフラボンは、大豆だけではなく、豆腐やおから、きなこ、豆乳、納豆などの加工食品にも含まれています。
上限摂取量は、豆腐であれば110gを目安にして下さい。
栄養バランスに偏りが出ない様に食事に取り入れていくと、美肌効果が出るでしょう。
また、大豆イソフラボンの効果を高めるのに、他の食品と組み合わせるのもオススメです。
肉や魚のタンパク質、コラーゲン生成を促すビタミンCは、美肌への相乗効果を高めます。

いつまでも年齢に負けない健康的な美肌を保ちたいなら、大豆イソフラボン習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?
コラーゲン摂取にフカヒレや豚足、スッポンと考えるより、遙かにリーズナブルです。